Situazione attuale2 現状2

「東日本大震災」から1週間が経ちました。 長く、そして短かったようにも感じます・・・・
報道からは、被災地・被災者の現状、原発・放射能の問題、断続的に続く余震情報、計画停電、食料物資の需要と供給、交通規制、被災地の天候(寒波)、世界の国々からの支援・・等々が繰り返し伝えられています。
「緊急地震速報」が出ると、いつでも非難できるように準備しながらも、今 私が出来ることを---節電と 食料物資のまとめ買いをしない、ということぐらいですが---やっています。 今日もパンが品薄で、コンビニもスーパーマーケットの閉店も早いので、今 明日のパンを焼く準備をしている最中です。 牛乳も市場にないので、豆乳を使いました。
....私のまわりのイタリア人は・・・ 昨日 前のbossから連絡があり、昨夜の便で家族と一緒にローマに一時帰国し、4月上旬に戻ってくるとのこと。 今週 新しい仕事のコントラクトで中東サウジアラビアに入った前の同僚は、自分のローマ郊外の家が空いているから いつでも鍵を渡すから使って良いとのこと。 ミラノに郊外住む全同僚も、食料物資等 スーパーマーケットで手に入らないものがあれば、イタリアから送る、とのこと。 同じくミラノ郊外に住む前の同僚も、この災害時の困難さに耐える日本人を褒め讃えていて、もしイタリアだったらcaos(カオス=大混乱)になってること間違いないだろう、とのこと。 その他の人たちからも 今回の震災で心配の電話やメールをもらいました。
出来る出来ないは別としても、彼らの気持ちだけでも有難く受け取っています。
明日から日本は3連休になります。 被害に遭われた方々や震災地の今よりも少しでも良い状態・環境になることを願いながら、いま一度 自分たちが出来ることを考えて過ごしたいと思います。
[PR]
by celesti | 2011-03-18 18:56
<< Rifiorimento 復興 Situazione attu... >>