<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Pranzo da Noi 自宅ランチ

今週、以前同じ職場で働いていたイタリア人の友人が日本に遊びに来ているので、色々と観光に連れて行っています。せっかく来ているのに毎日天気が悪くて悪くて・・・057.gif
今日は自宅に招いて、母親と3人でランチしました。

Aperitivo(食前酒)069.gif
b0137858_729292.jpg
Spumante(発泡酒)と 母が煮た紫花豆、わさびのカキピー

Primo Piatto
b0137858_7353341.jpg
シンプルなトマトソースのスパゲティにパルミジャーノ・レッジャーノ

Secondo Piatto
b0137858_7371571.jpg
Saltimbocca(サルティンボッカ)にしました。 豚肉ロースをうすくのばして、セージ(なかったのでバジル)をはさみ、こしょうをします。それを生ハムで包むように二つ折りにして、小麦粉をつけて、バターで焼きます。そのフライパンに少量の白ワイン(好みで生クリーム)を足すだけで、ソースになります。

Dolce
b0137858_7504284.jpg
ここでPraro(プラート)のカントゥッチーニの出番です。 デザートワイン Vinsantoに浸して。 ガラスのTazze(カップ)は、ローマ スペイン広場近くの 『CUCINA』 というキッチン用品店で買ってきたものです。

Caffe’ Espresso
b0137858_7543335.jpg
この陶磁器は、Orvieto(オルヴィエート)で購入、色とデザインが気に入りました。 エスプレッソは安いのでイタリアに行くと、必ず買ってきます。

More
[PR]
by celesti | 2009-02-27 07:59

Ponte Buriano ポンテ ブリアーノ

帰国して数日・・・ 荷物のunpack、家の掃除、写真・資料の整理、お世話になった人たちへのメール、新たに学んだイタリア語、たまっていた事務的な処理など 忙しく過ごしています。撮ってきた写真も少しづつupしているのですが、デジタルカメラはやはり壊れてしまったようで、フィレンツェでは少ししか撮ることが出来ず、以後 2月のプラート・オルヴィエートなどの写真はありません007.gif 今日修理に出してきました007.gif

さて、タイトルのポンテ=橋ですが、実はこの橋、 あの『レオナルド ダ ヴィンチ』の絵画『モナリザ』の背景の橋といわれています。 ポンテブリアーノまでの行き方は、アレッツオの中心 グイドモナコ広場から バスで20-30分ほど。 回りは静かで民家も少なく、帰りのバスも逃すと次が二時間後、というような所です。
橋を渡って、川辺に出ると、絶景ポイントがあります。本当に綺麗でのどかなアルノ川の流れでした。
b0137858_16184989.jpg
b0137858_16185982.jpg
Ponte Buriano
b0137858_16191626.jpg
Ponte Buriano
[PR]
by celesti | 2009-02-16 16:21 | Viaggio(旅)

Orvieto オルヴィエート

そろそろ帰国が近づいています.......007.gif
ローマからRegionale(普通列車)で1時間20分ほどで日帰り出来るオルヴィエートへ行きました。 Umbria(ウンブリア州) 標高300m以上の丘です。
駅前からのフニコラーレ(ケーブルカー)、P.zza Duomoまでのバス、Musei(美術館)のPausa(昼休み)、帰りのバス、フニコラーレ、国鉄と時間に無駄なくまわる事が出来ました。
街の規模以上に壮大な Duomoのファザードには、圧倒されます。
パノラマのポイントは、街の西 S.Giovenale の外側と、バス停の奥に進んで行った所と、フニコラーレ近くの Pozzo di S. Patrizio の後方です。
ウンブリアの大自然太陽、空、雲、山、緑、風、街並全てを体感出来ました058.gif
何があってもやっぱりすごいですITALIA!!053.gif
[PR]
by celesti | 2009-02-10 22:51 | Viaggio(旅)

Pranzo, Passeggiata e Cena ランチ、散歩とディナー

ローマに戻って来たので前に一緒に仕事をしていたボス達と連絡を取っています062.gif
お昼は、メトロ(地下鉄)の終点の駅まで車で迎えに来てくれて、ランチに招待されました。
アペリティーボに続き、プリモピアットがリコッタとホウレンソウのラビオリトマトソース合え、セコンドがコトレッタ(カツレツ)で、勧められたドルチェまで食べれないほどお昼から沢山頂きました。

夕方にはまた別のボスとの約束、会うのは3年ぶりぐらいでした。まず有名なバールSant.Eustachio063.gifに連れてってくれました。(ここのカフェは初めから砂糖が入っています。)
それからNavona広場界隈、S.Agnese in Agone教会 、Sant Barbara教会を見て、Campo de Fiori広場でアペリティーボ069.gif、P.zza Farnese(フランス大使館)を見てから、引き返し、パンテオン方面へ歩いて行きます。
ディナーはに面している ZIO CIRO でプロセッコとチーズのミスト、フォカッチャのアンティパスト 、すでにここでおなかがいっぱいになりかけています。 プリモにピッツァ(ナポリ)を頼むともう完全に食べきれなくて、本当に美味しいのにとっても残念でした007.gif
[PR]
by celesti | 2009-02-09 18:29 | Viaggio(旅)

Roma2 ローマ2

ローマに戻って来ました。列車は空いていて良かったです。
夕焼けが綺麗だなと思うと、 雨が降ったり、折りたたみ傘が放せません057.gif
サンタ マリア マジョーレ大聖堂に入って、その界隈を散歩しながら帰りに買い物をしました。
明日は晴れますように!

ローマ番外編。。。
b0137858_1251584.jpg
Ponte Vittorio Emanuele Ⅱ
b0137858_12521030.jpg
Mausoleo Augustoの近くの壁画
[PR]
by celesti | 2009-02-08 02:24 | Viaggio(旅)

Prato プラート

なんとなく地名の読みかたの音、ひびきやつづりで行ってみたいなと思うことがあります。
私にとってプラートもそのうちの一つでした☆
勿論ルネッサンスの画家 フィリッポリッピで有名な街です。 プラートチェントラーレ駅よりもうひとつルッカ方面の駅 Serraglio(セッラーリオ)で降りました。 歩いて回るのに時間のかからない街で、目抜き通りも分かりやすいです。 Duomo(ドゥオモ)、San Francesco(サン フランシスコ教会)とSanta Maria delle Carceri(サンタ マリア デッレ カルチェリ教会)を見てから、もう一つの目的である プラートのビスコッティと言われるお店に行く事でした。"Antonio Mattei" といって1858年創業、今年で150年なんて本当に圧巻です。 食べ方はトスカーナ風に ビン サント という甘いデザートワインに浸して食べます。 私は早速 シチリアのマルサラというワインで頂きました。ビスコッティと言うと朝食にカップチーノと一緒にというイメージがありますが、ここトスカーナでは夕食後のデザートとしても食べるそうです069.gif

お土産用に買ってきたCantuccini(カントゥッチーニ) と Vinsantoワインです。
お店の青い包装紙がとても可愛いです053.gif
b0137858_22592917.jpg

[PR]
by celesti | 2009-02-05 18:59 | Viaggio(旅)

Fiera Antiquaria アンティーク市

今週は天気に恵まれていない此処アレッツオ057.gif
毎月第一日曜とその前の土曜に大規模なアンティーク市が開かれます。
今月はこの間の日曜で、本来ならPiazza Grande(グランデ広場)で行われるのですが、現在修復中の為、メインストリートからポルティコ(アーケイド)の下や、細い坂道まで沢山の出店が並んでいました。目移りするほど素晴らしい骨董品のなかから 50年から100年近く前のイタリアとフランスのティーカップとお皿、全て手で編まれたレースのテーブルクロスをアンティーク好きな母へのお土産にしました。
b0137858_1235721.jpg
b0137858_1235209.jpg
Corso Italiaに立ち並ぶ出店。 奥の鐘楼はS. Maria della Pieve
b0137858_12335687.jpg
b0137858_1234750.jpg
映画で有名なBar "Cafe Constanti"  のあるPiazza San Francescoにも多くの店が出ていました。
[PR]
by celesti | 2009-02-03 22:17 | Viaggio(旅)

Firenze フィレンツェ

週末フィレンツェに行ってきました。
フィレンツェには過去二回とも観光メインのツアーだったので、今回初めてちゃんと自分の足で街を見てまわる事が出来ました。お天気にも恵まれて、日中は暖かくアルノ川に注ぐ日差しは眩しいほどでした058.gif
フィレンツェといえば、Enyaのイメージが強く、その曲をバックグランドに、散策です060.gif
日本の習慣にはないのですが、イタリアの店は日本より早い時間から開いていて だいたいお昼に一度お店を閉めて休憩(パウザ)を取ります。またお店が開くのは3時から3時半頃で、日本より遅くまで開いていたりします。
教会なども同じで、特に冬だと日が短いので日本人の感覚だと早めに観光を済ませたいかも知れませんが、ちょうどパウザで見れなかった、入れなかったという事もあると思います。でも郷に入れば・・・で、私はこのイタリアの生活スタイル、それはそれで良いものだと感じます。 せかせかしないで、ゆったりと人生の時間を楽しんでいる感じが・・053.gif
SMN(サンタ マリア ノベッラ)薬局は内装も製品も素晴らしいです。今回は シニョーリア広場近くのエルボリステリアで Frofumi di Firenze(フレンツェの香り)という香水を買いました。
b0137858_15391145.jpg
S. Lorenzo
b0137858_15392080.jpg
近づいてくるDuomo...
b0137858_15393049.jpg
S. Croce
b0137858_15394548.jpg
S.M. Novella
b0137858_15395995.jpg
アルノ川沿いは どこからでも 絵になります012.gif
[PR]
by celesti | 2009-02-02 22:42 | Viaggio(旅)