<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Insalata di Riso2 お米のサラダ2

茹でたイタリアのお米を冷まして、さいの目にしたズッキーニなどの野菜を白ワインビネガーとレモン汁、塩こしょう、オリーブオイルで混ぜ合わせサラダにします。 お皿はパプリカを半分に切ったもので、パセリをのせて出来上がり♪
b0137858_22135045.jpg

[PR]
by celesti | 2009-08-31 22:15 | Cucina(料理)

Anello 指輪

"Parts Club"(パーツクラブ)で 指輪を作る、5連カン付きリング台(ゴールド)と、4mmのチェコガラスを買ってきました。 1カンに4個づつ=計20個 Tピンを通しています。
b0137858_21543879.jpg
日に焼けた手の指にも合いそうです058.gif
[PR]
by celesti | 2009-08-27 21:55 | Fatto a mano(手作り)

Tracuro2 鯵2

お魚売り場には、秋刀魚(サンマ)が出回ってきましたが、まだまだ旬の鰺(アジ)...
前から作ろうと思っていた、Ristorante(リストランテ)"イ プリミ"の『中村亮仁』シェフのレシピです。 アジを3枚におろして塩コショウ、小麦粉をはたき オリーブオイルで焼いておきます。 その間にバジルをはさんで、春巻きの皮で包んで焼きます。チーズも合うと思ったので挟んでみました。
焼き色をつけるために、仕上げの1分程をトースターに入れます。 春巻きといっても揚げるのではなく、オリーブオイルで焼いてるだけでとてもライトなので、オリーブオイルとバルサミコ酢を合わせてソースにしました。
b0137858_21592684.jpg

[PR]
by celesti | 2009-08-26 22:09 | Cucina(料理)

Cous cous クスクス

クスクスは、北アフリカからシチリア発祥と言われているそうです。
確かにシチリアの郷土料理などではよく見かけます。 日本でも イタリアンやフレンチのランチセットのサラダに入ってたりします。 個人的には、前に中東の国の人たちと同じオフィスで働いていた時、アラビックブレックファーストなどで使われていたのを思い出します。

今回は、デュラム小麦セモリナ100%のFERRERO(フェレロ)のクスクス。
お湯に浸けるだけであとは蒸らす手順もあるようですが、私は、湯+コンソメで少し茹でてから、ざっとオリーブオイルで混ぜ合わせて、先に作っていたチキンとパプリカのトマトソース煮を上にかけました。
b0137858_2211490.jpg
お肉でもお魚でも合うので、このようにワンプレートにすると食べやすいです。
[PR]
by celesti | 2009-08-25 22:16 | Cucina(料理)

Verdure Marinate 野菜のオイル漬け

『石川みゆき』さんの 『たった15分でイタリア家庭料理』から 簡単に出来る 野菜のオイル漬け を参考にしました。 紹介されているのは、ドライトマト・きのこ・なす・パプリカです。
今日はパプリカ(黄色)をパスタの前菜にしました。 パプリカを網焼きで焦げ目をつけてから、すりおろしたニンニクとオリーブオイルで火を通し、ワインヴィネガーと塩こしょうで漬けていきます。 一晩以上ねかせた頃が食べごろのようです..
b0137858_2081787.jpg

[PR]
by celesti | 2009-08-24 20:10 | Cucina(料理)

Pasta Genovese ジェノベーゼパスタ

バジリコ、オリーブオイル、にんにく、パルミジャーノ、松の実で作るソースです。
Genova(ジェノバ=イタリア北部の都市)で生まれたので、ジェノベーゼと言い、イタリア人は、単にPesto(ペスト=ペーストのこと)とも呼びます。
b0137858_22423170.jpg
これはショートパスタでFusilli(フジッリ)を使っていますが、暑い日には、Capellini(カッペリーニ)などの細いパスタに和えて、冷製でいただいても美味しいです。 ソースさえあれば、さいの目に切ったトマトと、にんにくをこすりつけたフランスパンなどの上にのせて、簡単にブルスケッタが出来ます。 スライスしたトマトとモッツァレッラにかければ、Antipasto(前菜)にもなります!☆
[PR]
by celesti | 2009-08-22 22:44 | Cucina(料理)

Biscotti Basilico e Formaggio バジルとチーズのスティックビスケット

庭のバジルが元気に育っているので、今日はバジルを使ったおやつ作り。
インターネットでいくつかレシピを参考にして、あとは自己流。
粉は、小麦粉と全粒粉を2:1ぐらい、砂糖は使わず、BPと少量の塩、おろしたパルミジャーノチーズを混ぜていき、そこへオリーブオイルと牛乳を入れ、生地をまとめます。 まだ少し粉っぽかったので、バターを少量混ぜました。 普通はバジルなどのハーブ(乾燥)を使うようですが、摘みたての葉を洗い、水気を切ってみじん切りして最後に生地に混ぜました。冷蔵庫でねかせた生地を スティック状に切っていき、オーブン170℃で20分程度焼いていきます..チーズの香ばしいかおり!
b0137858_15172443.jpg
食前酒のおつまみにも049.gif
[PR]
by celesti | 2009-08-19 15:19 | Dolce(デザート)

Ragu al Funghi きのこのラグー

とても面白いイタリアエッセイの書く『タカコ半沢メロジー』さん、著書は何冊か読んでいますが、たまたま手に取った料理本『イタリアンのシンプルレシピ』でお見かけしました。
好みのきのこを何種類入れても良いそうですが、今回はエリンギとまいたけ。 みじん切りにして、にんにくとオリーブオイルで炒めていくと、ラグーに見えてきます006.gif 塩コショウで味付けし、イタリアンパセリをさっとあわせて、茹上がったパスタの上にのせるだけです。
b0137858_10272090.jpg
さっぱりとしているので、暑い夏にむいている一皿です。
[PR]
by celesti | 2009-08-15 10:33 | Cucina(料理)

Funghi alla Griglia マッシュルームのオーブン焼き

また『北村光世』さんのレシピからです。
ブラウンマッシュルームのへたをくり抜き、その中に、にんにくのみじん切り、塩コショウ、すりおろしたパルミジャーノレッジャーノ、庭からつんできたイタパセのみじん切りの順に入れて、オリーブオイルで焼いていきます。
b0137858_19431081.jpg
Antipasto(アンティパスト=前菜)に一品。。
[PR]
by celesti | 2009-08-10 19:44 | Cucina(料理)

Panino Caprese カプリ風サンドイッチ

『稲田多佳子』さんの パンのレシピから『オリーブオイル風味のコッペパン』です。
二次発酵後、切り込みを入れてから ショートニングを細く絞っていきます。
b0137858_22164185.jpg
パニーノに はさむのは、『北村光世』さんの 『ハーブでかんたん!クッキング』から Caprese(カプレーゼ=トマト・モッツァレッラ・バジル)です。二つに切ったパンにオリーブオイルをぬってから、トマト、塩コショウ、バジル、そしてモッツァレッラをはさみます。
b0137858_2226746.jpg
暑い夏には、フレッシュなカプレーゼだけでランチをすませるイタリア人もいます。
冷たい白ワイン、Spumante(スパークリングワイン)ともよく合います!069.gif
[PR]
by celesti | 2009-08-08 22:29 | Pane(パン)